ホーム

2020年9月の開室日をお知らせします。

2020年度の開室日・時間

火曜日(原則隔週):【11時から13時まで】・【14時から18時まで】

金曜日(原則毎週):【10時から13時まで】・【14時から17時まで】

2020年9月は,

火曜日:1日,15日,29日 【11時から13時まで】・【14時から18時まで】開室します。

金曜日:4日,11日,18日,25日【10時から13時まで】・【14時から17時まで】開室します。

この時間内に足を運べないという方は,別途お問い合わせ下さい。 状況によっては,時間をずらして対応できる場合があります。

工学系部局なんでも相談室だより2020年7月版

工学系部局なんでも相談室だより 2020年7月版【counseling room report】

なんでも相談室から工学系部局の皆様へ、カウンセラーのコメントや
利用状況など定期的(年6回)に発信させていただいております。
学生や同僚、部下との面談などの機会に、本文のトピックスをひとつ
のコミュニケーションツールとしてご活用いただけますと幸いです。
なお,本メールは教職員のみに配信していますので,周囲の学生の
皆さんが閲覧できるようご配慮願います。

―【カウンセラーより】―――――――――――――――――
相談室の石原です。
九州はじめ全国での水害被害に遭われた方、また関係する皆様に心よりお見舞い申し上げます。
7月に入り、新型コロナウィルス感染対策は模索しつつも少しずつ制限緩和の方向に向かっているように思います。当室を利用されている学生のみなさんから伺うところでは、授業はオンラインで継続されているものの、研究の方は再開されているところも増えてきているように思います。
「新北海道スタイル」で示されているように引き続き対策を万全に行い感染リスクを低減させながら、新しい生活パターンを獲得していくことが求められていると思います。
春先に始まった自粛生活により、多くの方が通勤や通学の頻度が下がり、結果自宅で過ごすことが多くなりました。仕事や研究、勉強が思うようには進まず、それでも一時の我慢とやり過ごしてこられたことと思います。少しずつ行動制限が緩和され、職場や研究室に復帰できる状況になることで、それらのフラストレーションを払しょくするために懸命に取り組んでおられる方も多いのではないでしょうか。
そこで気を付けていただきたいのは疲労の蓄積です。私たちは新しい環境に入ったり新たなことに取り組んだりすると、それを実現するためにかなりのエネルギーを使って適応しようとします。モチベーションが高いほどがんばりますからエネルギーの消費も高くなり、それは少しずつ疲労を生み、蓄積していきます。
例年、4月に始まった新生活に対する疲労が長期休みを挟んで一気にあふれ出て心身の調子を崩す方がいらっしゃいます。いわゆる五月病というものです。これと同じようなことがこの7月以降起こってくるのではないかと考えています。4月から6月の遅れを取り戻そうという気持ちがどこかついて回ると思いますので、相当がんばってしまう方も出てくるでしょうから、きちんと疲労を意識しマネジメントしていくことが例年以上に個々人に求められてくると思います。
長い間の自粛生活に脳は慣れてしまっています。それを切り換えていくには相応の時間がかかります。やらねばならないことは山積みかもしれませんが、タスクだけに目を奪われず、睡眠、食事、余暇にいつも以上に気を配り、しっかりと疲れをとることを心がけるようにしてください。

―【事務担当より】――――――――――――――――――
【相談室利用状況簡易報告】
令和2年5月の利用状況
{開室日数}   7日
{延べ利用件数} 38件(学外カウンセリングルーム含む)
{主に寄せられている相談内容} 学生生活,健康問題
令和2年6月の利用状況
{開室日数}   9日
{延べ利用件数} 40件(学外カウンセリングルーム含む)
{主に寄せられている相談内容} 学生生活,健康問題
◇利用状況は、簡易情報のみとしております。
詳細についてはお答えできませんのでご了承ください。◇

―【その他】―――――――――――――――――――――――――――――
このたよりは、工学系部局に在籍する教職員等を対象としたメーリング
リストで送信しております。
なお、学生のアドレスや研究室メールリスト等、希望の配信先がある場合は
ご連絡いただければ送信先に追加します。
相談室だよりはホームページにも掲載しておりますので、相談室のことを
知りたい・知ってもらいたいという方がいる場合には、ホームページのこと
を紹介し、案内していただければ幸いです。
その他に、利用方法や開室場所、開室日時等をまとめたリーフレットなども
ありますので、ご連絡いただければお渡しいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
011-706-7297
mailto:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【本文は翻訳ソフトによる英訳ですので、不具合箇所についてはご容赦願います。】
The text is an English translation by translation software, so please forgive about the defective part.

工学系部局なんでも相談室だより 2020.7版【Counseling room report Version July 2020】
We will periodically send out counselor comments and usage situation etc.
Please use the topics of this sentence as a communication tool at the opportunity to interview with students, colleagues and subordinates.
Since this e-mail is delivered only to faculty and staff, please let students know.

– 【From counselor】 —————–
This is Ishihara from the consultation room.
We would like to extend our deepest sympathies to those who have suffered flood damage in Kyushu and other parts of Japan, and to everyone involved.
In July, I feel that the restrictions are gradually being relaxed while searching for countermeasures against new coronavirus infections. According to the students who are using consultation room, I think that while classes are continued online, research is being resumed more.
As shown in “New Hokkaido Style,” I think it is necessary to continue taking thorough measures to reduce the risk of infection and to acquire new lifestyle patterns.
Due to the self-restraint that began in early spring, many people are less likely to commute to work or attend school, resulting in more spending time at home. Work, research, and study did not proceed as expected of you, but I think you was able to spend your time with patience.
I think that many of us are working hard to alleviate those frustrations by gradually relaxing our behavioral restrictions and returning to the workplace or laboratory.I would like you to be careful about the accumulation of fatigue.
When we enter a new environment or work on something new, we try to adapt with considerable energy to make it happen. The higher your motivation, the harder you are and the more energy you consume, you are tired and the more you accumulate.
Every year, the fatigue of a new life, which started in April, overflows at a stretch over a long vacation, and some people feel unwell. This is the so-called May disease. I think something similar to this will happen after July.
I think that the feeling of trying to catch up with the delay from April to June will be overwhelmed. so some people will do their best, so it is more important that We managiment fatigue ourself.
The brain has become accustomed to long-standing self-restraint. It takes a certain amount of time to switch between them.It may be a lot of work to do, but you pay more attention to your sleep, meals, and leisure time, let get rid of your fatigue.

– [From the clerk in charge] ——————
【Counseling Room Usage Status Simple Report】
◇We will inform you of usage situation in May.
{Opening days}
7 days
{Total number of items to be used}
38 cases (including counseling room outside the university) {Content of main consultation being received} Student life, health problems.
◇We will inform you of usage situation in June .
{Opening days}
9 days
{Total number of items to be used}
40 cases (including counseling room outside the university) {Content of main consultation being received} Student life, health problems.
◇ In general, only the simple information is used. Please understand that we can’t respond to details. ◇

– 【Other】 —————————–
This news is sent by mailing list for faculty and staff enrolled in engineering department.
Please contact us if there is a desired delivery destination such as student’s address or laboratory mail list. Add it to the destination.
The news is also posted on the homepage.
I would be pleased if you would like to know about the counseling room or if you would like someone to know it, introduce the website and show me around.
In addition, there are also leaflets that summarize usage methods, opening places, open date and time etc, so if you contact us we will give you.

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室/ Counseling room
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
℡:011-706-7297
E-mail:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2020年8月の開室日をお知らせします。

2020年度の開室日・時間

火曜日(原則隔週):【11時から13時まで】・【14時から18時まで】

金曜日(原則毎週):【10時から13時まで】・【14時から17時まで】

2020年8月は,

火曜日:4日,18日 【11時から13時まで】・【14時から18時まで】開室します。

金曜日:7日,21日,28日【10時から13時まで】・【14時から17時まで】開室します。

この時間内に足を運べないという方は,別途お問い合わせ下さい。 状況によっては,時間をずらして対応できる場合があります。

2020年7月の開室日をお知らせします。

2020年度の開室日・時間

火曜日(原則隔週):【11時から13時まで】・【14時から18時まで】

金曜日(原則毎週):【10時から13時まで】・【14時から17時まで】

2020年7月は,

火曜日:7日,21日 【11時から13時まで】・【14時から18時まで】開室します。

金曜日:3日,10日,17日,31日【10時から13時まで】・【14時から17時まで】開室します。

この時間内に足を運べないという方は,別途お問い合わせ下さい。 状況によっては,時間をずらして対応できる場合があります。