ホーム

2021年度の開室予定日等について

なんでも相談室の開室日は,原則として火曜日と金曜日です。
開室時間は,【火曜日:15時~19時】,【金曜日:12時~17時】です。
なんでも相談室HPで,毎月初旬に翌月の開室日(開室日時の変更含む。)についてお知らせしますので,その都度ご確認願います。

2021年度の開室予定日は,以下のとおりです。(全95日)
(都合により,開室日が変更となる場合があります。)
【2021年】
・4月・・・2日,6日,9日,13日,16日,20日,23日,27日
・5月・・・7日,11日,14日,18日,21日,25日,28日
・6月・・・1日,4日,8日,11日,15日,18日,22日,25日,29日
・7月・・・2日,6日,9日,13日,16日,20日,27日,30日
・8月・・・3日,6日,17日,20日,24日,27日,31日
・9月・・・3日,7日,10日,14日,17日,21日,24日,28日
・10月・・1日,5日,8日,12日,15日,19日,22日,26日,29日
・11月・・2日,5日,9日,12日,16日,19日,26日,30日
・12月・・3日,7日,10日,14日,17日,21日,24日
【2022年】
・1月・・・4日,7日,11日,14日,18日,21日,25日,28日
・2月・・・1日,4日,8日,15日,18日,22日,25日
・3月・・・1日,4日,8日,11日,15日,18日,22日,25日,29日

2021年4月の開室日をお知らせします。

2021年度の開室日・時間 (今年度から開室日時が変更となりました。)

火曜日(原則毎週):【15時から19時まで】

金曜日(原則毎週):【12時から17時まで】

2021年4月は,

火曜日:6日,13日,20日,27日【15時から19時まで】開室します。

金曜日:2日,9日,16日,23日【12時から17時まで】開室します。

この時間内に足を運べないという方は,別途お問い合わせ下さい。 状況によっては,時間をずらして対応できる場合があります。

工学系部局なんでも相談室だより2021年3月版

工学系部局なんでも相談室だより 2021年3月版【counseling room report】

なんでも相談室では、工学系部局の皆様へカウンセラーのコメントや
利用状況等について定期的(年6回)に発信させていただいております。
学生や同僚、部下との面談などの機会に、本文のトピックスをひとつ
のコミュニケーションツールとしてご活用いただけますと幸いです。
なお,本メールは教職員のみに配信していますので,周囲の学生の
皆さんが閲覧できるようご配慮願います。

―【カウンセラーより】―――――――――――――――――
相談室の石原です。
皆さんお変わりないでしょうか?
早いもので今年度もあと数えるほどになりました。皆さんにとってはどんな年度になったでしょうか?。多くの方々と同じく、相談室も激変の年になりました。
まず、一部の期間を除いて全ての相談をオンライン化したことで、かろうじて相談の機会を確保したものの、来室していただき、お話をお聴きし、退室されていくという「普通の」流れが失われることになりました。
実際にお会いしている時にはお話をお聴きするだけではなく、表情や身振り、声のトーンや歩容動作などいろいろな言語外の情報を得ていましたが、オンラインでは基本的にバストショットであり、お話の内容と画面を通しての様子しか掴むことができません。また、通信環境によっては画面の粒子が荒かったり音声が途切れたりすることもあって、これまでどおりの相談の質をいかに保つかに苦心しましたし、現在も工夫を重ねているところです。
また、多くのリモートワークをされている方も経験されているように、仕事のオンオフやひとつのタスクから別のタスクに移るときの切り換えは容易ではないなとも感じました。定時に起きて朝食を摂り着替えて出勤する、仕事を終えて身支度を整えて帰宅するという「普通に」繰り返されていたことが、いかにオンオフのモード変更に寄与していたのかを知った次第です。こうした「普通」を少しずつ書き換えながら適応していくことが求められる年になったと感じます。まだまだ感染が終息した状況とは言えませんので、今後もこういった生活が断続的に続く可能性があります。学生にとっては、オンライン中心の学業生活で少ないコミュニケーション機会の中で学習、研究を進めていかざるを得ないかもしれません。そういった状況を鑑みて、相談室が何ができるか更に考えていこうと思っています。
例年とはかなり雰囲気が異なりますが、少しずつ春が近づき異動、卒業など転機を迎える季節となりました。来月からの新生活が、少しずつでも明るいものになっていくよう心から祈っております。

―【事務担当より】――――――――――――――――――
【相談室利用状況簡易報告】
令和3年1月の利用状況
{開室日数}   6日
{延べ利用件数} 45件(学外カウンセリングルーム含む)
{主に寄せられている相談内容} 学生生活,健康問題
令和3年2月の利用状況
{開室日数}   6日
{延べ利用件数} 40件(学外カウンセリングルーム含む)
{主に寄せられている相談内容} 学生生活,健康問題
◇利用状況は、簡易情報のみとしております。
◇詳細についてはお答えできませんのでご了承ください。

―【その他】―――――――――――――――――――――――――――――
このたよりは、工学系部局に在籍する教職員等を対象としたメーリング
リストで送信しております。
なお、学生のアドレスや研究室メールリスト等、希望の配信先がある場合は
ご連絡いただければ送信先に追加します。
相談室だよりはホームページにも掲載しておりますので、相談室のことを
知りたい・知ってもらいたいという方がいらっしゃる場合には、ホームページ
のことを紹介・案内いただければ幸いです。
その他に、利用方法、開室場所、開室日時等をまとめたリーフレットなども
ありますので、ご連絡いただければお渡しいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室
https://nandemo-next.eng.hokudai.ac.jp/
011-706-7297
mailto:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【本文は翻訳ソフトによる英訳ですので、不具合箇所についてはご容赦願います。】
The text is an English translation by translation software, so please forgive about the defective part.

工学系部局なんでも相談室だより 2021.3版【Counseling room report Version March 2021】
We will periodically send out counselor comments and usage situation etc.
Please use the topics of this sentence as a communication tool at the opportunity to interview with students, colleagues and subordinates.
Since this e-mail is delivered only to faculty and staff, please let students know.

– 【From counselor】 —————–
I’m Ishihara from the counseling room.
How are you?
There are only a few left this fiscal year.
What kind of year was it for you?
Like many people, the counseling room has been a year of drastic change.
First of all, by making all consultations online except for a part of the period, we barely secured the opportunity for consultations.
The “normal” flow of coming to the room, listening to the story, and leaving the room has been lost.
When I actually met, I not only listened to the story, but also got various non-verbal information such as facial expressions, gestures, voice tones and gait movements, but online is basically a bust shot , You can only grasp the content of the story and the situation through the screen. When I actually met, I got various non-verbal information such as facial expressions, gestures, voice tones, walking movements, etc. as well as listening to the story, but online is basically a bust shot. I can only understand the voice and the state of the screen.
Also, depending on the communication environment, the screen may be grainy or the audio may be interrupted, so I struggled to maintain the same quality of consultation as before, and I am still working on it. Also, as many people who are doing remote work have experienced, I felt that it was not easy to turn work on and off or switch from one task to another. I learned how the “normal” repetition of getting up on time, changing breakfast, going to work, finishing work, getting dressed and going home contributed to the on / off mode change. I feel that it is a year when it is necessary to gradually rewrite and adapt to such “ordinary”. It cannot be said that the infection has ended yet, so there is a possibility that this kind of life will continue intermittently in the future. Students may have no choice but to pursue their studies and research in an online-centered academic life with few communication opportunities. I would like to think more about what the counseling room can do in light of such situations. The atmosphere is quite different from the usual year, but spring is approaching little by little, and it is a season to reach a turning point such as transfer and graduation. I sincerely hope that the new life from next month will become brighter little by little.

– [From the clerk in charge] ——————
【Counseling Room Usage Status Simple Report】
◇We will inform you of usage situation in January .
{Opening days}
6 days
{Total number of items to be used}
45 cases (including counseling room outside the university) {Content of main consultation being received} Student life, health problems.
◇We will inform you of usage situation in February .
{Opening days}
6 days
{Total number of items to be used}
40 cases (including counseling room outside the university) {Content of main consultation being received} Student life, health problems.
◇In general, only the simple information is used. Please understand that we can’t respond to details.

– 【Other】 —————————–
This news is sent by mailing list for faculty and staff enrolled in engineering department.
Please contact us if there is a desired delivery destination such as student’s address or laboratory mail list. Add it to the destination.
The news is also posted on the homepage.
I would be pleased if you would like to know about the counseling room or if you would like someone to know it, introduce the website and show me around.
In addition, there are also leaflets that summarize usage methods, opening places, open date and time etc, so if you contact us we will give you.

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室/ Counseling room
https://nandemo-next.eng.hokudai.ac.jp/
℡:011-706-7297
E-mail:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

令和3年度からの「工学系部局なんでも相談室」開室時間等の変更について

令和3年4月から,「工学系部局なんでも相談室」の開室時間が
次のとおり変更となりますので,お知らせいたします。
〇火曜日
現在 (隔週)11:00~13:00,14:00~18:00
4月から (毎週)15:00~19:00
〇金曜日
現在 (毎週)10:00~13:00,14:00~17:00
4月から (毎週)12:00~17:00

なお,都合により開室日が変更となる場合がありますので,
「工学系部局なんでも相談室」HPでご確認願います。
また,URLの変更については,相談室HPによりご案内していますが,
下記のとおり変更となっていますのでご確認願います。
(古いURLは,近日中に転送されなくなります。)
https://nandemo-next.eng.hokudai.ac.jp/

2021年3月の開室日をお知らせします。

2020年度の開室日・時間

火曜日(原則隔週):【11時から13時まで】・【14時から18時まで】

金曜日(原則毎週):【10時から13時まで】・【14時から17時まで】

2021年3月は,

火曜日:2日,16日,30日【11時から13時まで】・【14時から18時まで】開室します。

金曜日:5日,12日,19日,26日【10時から13時まで】・【14時から17時まで】開室します。

この時間内に足を運べないという方は,別途お問い合わせ下さい。 状況によっては,時間をずらして対応できる場合があります。