ホーム

2024年7月の開室日をお知らせします。

2024年度の開室日・時間

火曜日(原則毎週):【15時から19時まで】
金曜日(原則毎週):【12時から17時まで】

2024年7月の開室日・時間は,次のとおりです。
火曜日:2日、9日、16日、23日、30日【15時から19時まで】
金曜日:5日、12日、19日、26日【12時から17時まで】

上記日時以外にカウンセリングを希望する場合は、予約状況によっては対応できる
場合がありますので、Eメール(nandemo@eng.hokudai.ac.jp)にてお問い合わ
せ下さい。

工学系部局なんでも相談室だより 2024年5月版

工学系部局なんでも相談室だより 2024年5月版【counseling room report】

なんでも相談室では、工学系部局の皆様へカウンセラーのコメントや
利用状況等について定期的(年6回)に発信させていただいております。

―【カウンセラーより】―――――――――――――――――

相談室の石原です。
新年度が明けて早くも二か月が経とうとしています。
ゴールデンウイークも終わって、さて本格始動という方も多いかと思いますが
お疲れなど出ていないでしょうか?
特に新生活をスタートさせたみなさんにとっては、なかなか息つく暇もなく、
この時期はなかなかつらいものではないかと思います。

10余年前に工学系部局なんでも相談室が開室されて以来、
学生からの相談主訴内容の1位は「やる気が出ない」です。
レポートの〆切やテストが迫っているのにやる気が出なくて進まない、
研究を進めなければいけないのについサボってしまう等々、
がんばらなくてはいけないと自覚しているのにも関わらず、
思うように動きがとれないのだけれどどうしたらいいだろう?という相談です。
やる気が先か行動が先か。自分の興味の持てることであればどちらが先でも
構わないのですが、やりたくないことや面倒くさいと感じていることの場合、
「やる気」を先に持ってきてしまうと課題の先延ばしや期限に間に合わない
という事態を引き起こしてしまいがちです。
「やる気が下りてくる」ことはなくはないですが極めて稀で、多くの場合、
仕方ないから手を付けようという行動の結果、なんとなくやり遂げることが
できたり集中力を高めることができたりするものです。
やる気頼みから行動化優先の生活習慣に少しずつ変えていけると、
この「やる気問題」はかなり解消されることと思いますので、
心当たりのある方はぜひチャレンジしてみてください。

今年度も相談室は原則毎週火曜日の15時~19時、毎週金曜日の12時~17時を
学内相談室で、それ以外の曜日は学外カウンセリングルームにて開室しています。
学内相談室は予約優先、学外カウンセリングルームは完全予約となっております
ので、ご利用を考えておられる方は一度相談申し込みフォームからお問い合わせ
ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室
https://nandemo-next.eng.hokudai.ac.jp/
011-706-7297
mailto:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【本文は翻訳ソフトによる英訳ですので、不具合箇所についてはご容赦願います。】
The text is an English translation by translation software, so please
forgive about the defective part.

工学系部局なんでも相談室だより 2024.5版【Counseling room report Version
May 2024】
We will periodically send out counselor comments and usage situation etc.

– 【From counselor】 —————–

I am Kazuto Ishihara, a counselor. How are you?

It’s already been two months since the new academic year ended.
Now that Golden Week is over, I’m sure many of you are thinking of getting
things started in earnest, but are you feeling tired?
I think this period is especially difficult for everyone who has just
started a new life, with little time to catch their breath.

Since the counseling room was opened more than 10 years ago, the number
one complaint from students has been “I don’t feel motivated.”
Even though I am aware that I have to work hard, I find myself feeling
unmotivated and unable to make progress even though I have a deadline
for a report or a test approaching, or I end up slacking off on research
even though I should be doing it. I can’t move, so what should I do?
This is a consultation.

Does motivation come first or action comes first? I don’t care which comes
first as long as it’s something that interests me.
When it comes to something you don’t want to do or feel like it’s a hassle,
if you put motivation first, you tend to postpone the task or miss the deadline.
It’s not uncommon for people to feel “motivated”, but it’s extremely rare,
and in many cases, as a result of taking action because they have no choice,
they somehow manage to accomplish something or are able to improve
their concentration.is.
If you can gradually change your lifestyle from relying on motivation to
prioritizing action, I think this “motivation problem” will be largely
resolved, so if you have any idea, please give it a try.

his year as well, the counseling room will be open every Tuesday from
3:00pm to 7:00pm and every Friday from 12:00pm to 5:00pm.
On other days of the week, the off-campus counseling room is open.
Reservations are given priority for on-campus counseling rooms,
and off-campus counseling rooms are fully booked.
If you are considering using this service, please contact us using
the consultation application form.
Thank you very much.

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室
https://nandemo-next.eng.hokudai.ac.jp/
011-706-7297
mailto:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2024年6月の開室日をお知らせします。

2024年度の開室日・時間

火曜日(原則毎週):【15時から19時まで】
金曜日(原則毎週):【12時から17時まで】

2024年6月の開室日・時間は,次のとおりです。
火曜日:4日、11日、18日、25日【15時から19時まで】
金曜日:7日、14日、21日、28日【12時から17時まで】

上記日時以外にカウンセリングを希望する場合は、予約状況によっては対応できる
場合がありますので、Eメール(nandemo@eng.hokudai.ac.jp)にてお問い合わ
せ下さい。

2024年5月の開室日をお知らせします。

2024年度の開室日・時間

火曜日(原則毎週):【15時から19時まで】
金曜日(原則毎週):【12時から17時まで】

2024年5月の開室日・時間は,次のとおりです。
火曜日:7日,14日,21日,28日【15時から19時まで】
金曜日:10日,17日,24日,31日【12時から17時まで】

上記日時以外にカウンセリングを希望する場合は,予約状況によっては対応できる場合がありますので,Eメール(nandemo@eng.hokudai.ac.jp)にてお問い合わせ下さい。

工学系部局なんでも相談室だより 2024年3月版

 

工学系部局なんでも相談室だより 2024年3月版【counseling room report】

なんでも相談室では、工学系部局の皆様へカウンセラーのコメントや
利用状況等について定期的(年6回)に発信させていただいております。

―【カウンセラーより】―――――――――――――――――

相談室の石原です。
寒暖差の激しかったこの冬もようやく春に向かって動き始めてくれました。
みなさん、お変わりありませんか?

ある会社でメンタルヘルスについての研修講師を担当させていただいたときの
お話しです。研修の冒頭でフロアのみなさんにこんな問いかけをしてみました。

「仕事の反対語はなんでしょうか?」

国語辞典的な正解は「あそび」「余暇」ですが、少なくない方たちが「休み」
「休養」とお応えになりました。直感での回答を求めましたので、ついうっかり
本音が漏れたというところでしょうか。

仕事量や仕事の質、職場風土の違い、モチベーションをもって取り組めている
職務であるのかなど、おかれた環境によって仕事の負担感は変わってくるもの
ではありますが、仕事の反対語を休みとつい応えてしまうくらい、日々の業務
に追われている様子が窺えます。

必然的にそういう現場ではヒヤリハット案件が起こりやすく、また体調不良者
も出やすくなります。これは職場に限らず、研究室や部活、サークルなどにも
当てはまるような気がします。自分を追い込んで成果を出す必要があるとき、
そこまで切羽詰まっていないとき、余裕を持って行動できるとき、漫然と
過ごすのではなくペースを上手に変えながら疲労がこびりつかないように工夫
をして、オフにはしっかりと「余暇」を楽しみたいものです。

最後になりましたが。
ご勇退、異動、卒業式、修了式などこれまでの生活から新しい環境へと動き出す
みなさま、おめでとうございます。
春は旅立ちの季節、みなさんの今後が豊かなものとなりますようお祈りいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室
https://nandemo-next.eng.hokudai.ac.jp/
011-706-7297
mailto:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【本文は翻訳ソフトによる英訳ですので、不具合箇所についてはご容赦願います。】
The text is an English translation by translation software, so please
forgive about the defective part.

工学系部局なんでも相談室だより 2024.3版【Counseling room report Version
March 2024】
We will periodically send out counselor comments and usage situation etc.

– 【From counselor】 —————–

I am Kazuto Ishihara, a counselor. How are you?

This is a story about when I was in charge of training instructors
on mental health at a certain company. At the beginning of the
training session, I asked the following questions to everyone
on the floor.

“What is the opposite word for work?”

The correct answer according to the Japanese dictionary is “play”
and “leisure”, but many people answered “rest” and “rest”. I asked
for an intuitive answer, so perhaps my true feelings were
inadvertently leaked.

Although the burden of work varies depending on the environment,
such as the amount of work, the quality of work, differences in
workplace culture, and whether or not the work is motivated.
It can be seen that he is so busy with his daily work that
it makes him feel like he is in trouble.

Inevitably, near-miss incidents are more likely to occur in such
workplaces, and people are more likely to become unwell.
I feel like this applies not only to the workplace, but also to
laboratories, club activities, circles, etc. When you need to
push yourself to achieve results, when you are not so desperate,
when you can take action with leeway, try to change your pace
skillfully and take time off to avoid fatigue.
I want to thoroughly enjoy my “leisure time”.

Last but not least.
Congratulations to all of you who are moving from your previous
lives to a new environment, such as retirement, transfer,
graduation ceremony, completion ceremony, etc.
Spring is the season of departure, and I pray that your future
will be prosperous.

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室
https://nandemo-next.eng.hokudai.ac.jp/
011-706-7297
mailto:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★